ガイドライン

ヘラルナ民の皆様が快適にご利用いただけるように、当サイトでは下記ガイドラインを設けております。投稿・コメントの前にガイドラインをご覧頂きルールを守りご利用ください。

1. 閲覧者が不快になるような投稿は禁止します。

ご自身とは違った価値観を持つ方も多く閲覧します。
ご自身の価値観では不快にならないという理由によって、以下のような投稿することは禁止とさせて頂きます。

※例

-1 暴力的な印象を受ける、または連想させる恐れのある写真投稿

  • 虐待や暴力を写した写真投稿
  • 著しく残酷な行為を描写、または連想させる写真投稿

-2 性的な印象・他人に不快感を与える恐れのある写真投稿

  • 性器を強調している写真投稿
  • 肌の露出が多い写真投稿

-3 反社会的行為、または犯罪行為、それらを連想させる写真投稿

  • 著しく反社会的・反倫理的な行為の写真投稿

【宣伝を目的とした投稿】

  • 当サイト運営事務局に許可を得ていない商品やサービス、イベント、特定の宗教などの宣伝や告知を目的とした投稿

2. 著作権などの関連法令を遵守ください。

投稿にあたっては、以下を遵守ください。

-1. 第三者の著作物等を利用して投稿を行う場合

他のサイトやテレビ・雑誌・新聞等で取り上げられた第三者の製作によるコメントや写真は著作権によって保護されている場合が多数あります。第三者の著作物を利用される場合においては、当該権利者の許諾を取得してください。

※例

  • テレビや雑誌・新聞等を撮影した写真の投稿
  • 第三者が投稿した写真の引用
  • 第三者の著作物を編曲し、その他翻案すること、またこれにより創作した写真。

-2. 撮影が禁止されている場所等

意図せず撮影した写真であっても、第三者や第三者が特定できる所有物の映りこみは、プライバシー権の侵害にあたる恐れがあります。個人の氏名、人物、住所、車両のナンバープレート等の写真のうち、撮影対象から同意を得ていない写真等、プライバシーや個人情報の保護の観点から問題となる写真の投稿はご遠慮ください。

-3. そのほかご注意いただきたきこと

第三者の所有する対象を撮影する場合は、事前に権限者より許可を得てください。
また、美術館や博物館などに設置された物については、施設のルールに従いましょう。

※例

  1. 美術館内に「撮影禁止」という看板とともに設置された美術品
  2. 店舗内にある美術品など、第三者の所有物

上記(1)(2)に記載の事項を遵守頂いた場合においても、投稿内容が著作権法等の各種法令を侵害してるか否かについては、投稿者ご自身の判断で行っていただくこととし、「ヘラルナ」では一切の責任を負いませんので、予めご了承下さい。

3. 第三者への批判など、トラブルにつながる恐れがあるコメントは禁止します。

コメントで、特定・不特定に関わらず、他のユーザーに対して非難・中傷・嘲笑することは禁止します。
なお、荒らしや中傷・煽り書き込みが発生し、それを発見した場合「報告する」を選択し、「不適切な記事、写真使用、違反行為を報告」してください。

4. 投稿の文章・写真・コメントの取り扱いについて

ヘラルナに投稿された文章・写真・コメントは、投稿者が著作権を有しています。

5. 違反画像・コメントについて

ヘラルナに投稿された画像・コメントにつきましては、プライバシーをはじめ各種権利の侵害が無いことを前提に投稿されておりますが、万が一、お客様の権利を侵害していると認められる場合は、各投稿に設けられた「報告する」よりヘラルナ運営事務局へご連絡ください。